便器からのトイレの水漏れとは、その対処の方法

トイレの便器の陶器部分は、硬いもので破損するようなことがなければ基本的に壊れることはほとんどありません。便器に関する水漏れは、その周囲の配管部分や床との接合部分で起きることが多く、部品の劣化によるものが多くみられます。

■トイレの便器周辺の水漏れの症状

便器周辺で起きる水漏れの多くは、配管との接合部か床との接触部分に限られています。配管との接合部は長期的には地震などで力が加わることがあるので、経年変化で破損することがあります。また配管の接合部にもパッキンが用いられているので、経年変化で劣化により弾力性が失われた場合にはそこから水漏れします。床と接触するところから水が漏れだす原因としては、他の部分で起こった水漏れで床の基礎部分に劣化が生じ、便器や配管が破損して床に沈み込んで起こるような場合があります。
また直接便器の外に水が漏れださなくても、タンクからちょろちょろといつまでも水が流れて止まらないことも起きます。これは便器というよりもタンクの水を流す機能の故障です。この場合はタンク内のボールタップなどの部品の劣化が考えられ、交換が必要となります。

■トイレの便器周辺の水漏れに対する対処の方法

配管部分から水が漏れており、便器の部分にひどい破損が見つからない場合は、配管の接続部分のパッキンの劣化が考えられます。この場合はフライヤーなどの道具があれば、素人でも修理が可能です。しかし、便器と床の間からの水漏れなどについては素人での対処は難しく、それぞれ専門の業者に相談することをおすすめします。特に本体やその床との接続部分が破損したような時は、本体の交換や床の修理まで必要なことが多く早急な対処が求められます。


■まとめ
トイレの便器本体そのものは破損しにくいのですが、地震の影響などで破損した場合は大掛かりな修理工事が必要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ