トイレの排水管の水漏れに対処するための交換工事

排水管は塩化ビニール製のパイプが使われ、コンクリートで作られた排水桝に接続されています。これらの劣化により排水管 水漏れが起こった時は排水管の交換工事が必要になります。

■トイレ排水管の水漏れなどのトラブル

トイレの排水管は塩化ビニール製のパイプが床下や壁の中に配管され家の外に出た後は土の中を通って、道路まで配管されています。その間にはコンクリートで作られた排水桝がいくつか接続されています。塩化ビニールもコンクリートも20年から30年の寿命があり劣化していきます。また土中にあるものは雨水や木の根の影響も受けやすく劣化が進むことがあります。劣化が進むとトイレの排水のに時間がかかったり、土中に水があふれだしたりします。さらに劣化が進むと排水桝全体が破損して土中に沈み込んでいったりすることも起きます。


■トイレの排水管の水漏れのための交換工事

排水管や排水桝に大きな異常がなくても流れが悪くなり水漏れするようなことが起きます。この場合の対処としては排水管や排水桝を洗浄する方法がとられます。洗浄剤を使って洗浄しても状況が改善されない場合は、高圧の水を使って洗浄する方法もあります。洗浄によりつまりが改善されたら、内視鏡カメラを使って排水管の状態を調べてつまりの原因となる排水管の異常を検出することができます。破損した排水管や排水桝は交換工事が必要になります。この場合コンクリートの桝から塩化ビニールの桝に交換することもできます。塩化ビニールの桝は配管と容易に接続でき工事が簡単になります。


■まとめ
トイレの排水管のつまりの原因となる排水管や排水桝の破損に対しては交換工事が必要になります。塩化ビニールもコンクリートも寿命期間があり古くなると劣化が進みます。異常が出だしたら状態を検査して交換工事の必要性を検討すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ