トイレの水漏れ防止のための部品の取り付けについて

トイレの水漏れは様々な部分で起きます。それぞれの場所とその原因を特定して対処することが必要です。修理にはその場所の部品の交換が必要なこともありますが、水漏れの修理のために交換すべき部品の取り付け作業について紹介します。

■トイレの水漏れ修理のためパッキンの取り付け

一番多いのは配管の接続部の部品交換です。接続部は排水管にも給水管にも便器周辺にもあります。給水管には接続部にパッキンがはまっておりナットで締められて固定されています。このパッキンはゴム製ですが、経年変化で硬くなって劣化します。このためパッキンの役目を果たすことができずその部分から水漏れが起きます。パッキンはトイレの配管の接続部分には必ず入っているので、それぞれの部分のパッキンを交換する必要があります。これにはまず配管の止水栓を止め、モンキーレンチやプライヤーなどの工具で配管のナットを外して中にあるパッキンを交換します。接続部にはフィルター部品が挟まれていて、その前後にパッキンがはまっています。古くなっているものは破損してこびりついていることもあるのでドライバーの先などできれいに削り取ります。

■トイレの給水タンク内の部品交換

トイレの給水タンクの中の部品に異常が起きるといつまでも水がちょろちょろと流れて止まらないという現象が起きます。水を流す仕組みは様々な部品の組み合わせで行われています。水を流すためにレバーを操作すると、排水管への出口をふさいでいるゴムフロートが上に引っ張られ、水面に伸びているオーバーフロー管の出口が開かれ上位にある水が流れ出します。水位が減ってくると水面に浮かんでいる浮き球の位置が低くなりこの変化によりボールタップの入り口が開かれて水道の水が流れ込みます。この部品の中のボールタップとゴムフロートは消耗品で、長く使っていると劣化して機能を果たさなくなります。このため水が止まらなくなったら新しいものと交換して取り付け作業を行う必要があります。

■まとめ
トイレの配管やタンク内には様々なパッキンや部品が取り付けられています。これらのものの中には消耗品で劣化により機能果たさなくなるものも多く異常が起きれば交換作業が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ